開く

コンタクトイメージセンサー

コンタクトイメージセンサー

コアテクノロジーとしてスキャナやプリンターに搭載。
特許技術に支えられたCIS事業。

キヤノン・コンポーネンツのCISは、紙文章や線画などを読み取るスキャナーなどの製品以外にも高い読取精度を要求される紙幣端末や産業機器のキズ検知センサーなどキヤノン製品以外にも多くの製品分野で採用頂いています。市場の広がりと共に多様化する顧客ニーズに柔軟に対応するキヤノン・コンポーネンツのCISは世界の市場で高い支持を得ています。

イメージセンサー搭載機器

CISはコンタクトイメージセンサー(ContactImage Sensor)の略で、光源部にLEDを使用し、結像させるためのレンズやセンサーIC部を一体化させた画像読み取りセンサー。製品への組み込みも容易なことから、多くのジャンルの製品に読み取りデバイスとして採用されています。

インクジェット複合機

レーザー複合機

デジタルネットワーク複合機

フラットベッドスキャナー

ドキュメントスキャナー

テクノロジー

キヤノン・コンポーネンツのCISはLEDの光量を十分に確保するため、LEDの設置角度、LEDの光を原稿へ導くライトガイドの形状などを徹底的に研究・開発し、理想とも言える光源の活用を実現しています。また、これらに関連する特許も多数取得しています。CISはCCDによる画像縮小方式に比べ消費電力は1/10以下。環境配慮に貢献するとともに、AC電源が不要なUSBバスパワー駆動のスキャナの実現に大きな役割を果たしました。さらに、走査部はCCD方式に比べ、1/ 10~1/20の小型化も実現しています。

イメージセンサーテクノロジー

光学関連技術

LIDE技術の大きなポイントとなるライトガイド。キヤノン・コンポーネンツでは、長年培ってきた独自技術を基にお客様が要求する厳しい特性(明るさ・均一性・照明深度等)について継続的に改良を重ねています。ライトガイドの設計については光学シミュレーションを駆使し設計精度を向上させることで、試作の削減と開発期間の短縮を図っています。

要求特性

  • 明るさ
    少ないパワーで無駄なく原稿を照明する
  • 均一性
    原稿幅を均一に照明する
    原稿が浮いても照度が変化しにくい
    照明色むらが出ない
  • 照明深度
    より遠くまで(原稿が浮いても)照明できる

保有技術

  • 光学シミュレーション
  • 光学品成型技術
  • 光学品印刷技術
光学関連御術